東濃ひのき羽目板・フローリングの製造・販売 羽目板.com


羽目板.comが用いている東濃桧についてのご紹介

東濃ひのき(とうのうひのき)とは、岐阜県東濃地方の東部地域(裏木曽)を中心に産出されるヒノキの銘木です。東濃桧、東濃檜とも書きます。


(東濃桧の人工林、下呂市にて)

岐阜県の森林のうち人工林ヒノキの面積は、約21万ヘクタールで高知県に次いで全国第2位で、その大部分が東濃地方に分布しています。

東濃地方の気温、湿度、日照、降水などの気象条件が桧の育成に理想的な風土で、当地から産出される年輪のつまった淡いピンク色の美しい桧は全国に名だたる【東濃桧】として珍重されています。

 

  

東濃桧は元々岐阜県東濃地方(旧美濃国東部)の、裏木曽地方で産出される桧で、室町時代からヒノキの産地として有名でした。 江戸時代には尾張藩により美濃国恵那郡付知村、川上村、加子母村(現中津川市)の三箇村で伐採が禁じられていました。村人は伐ることはもちろん、山への出入りも禁じられていました。 「桧一本、首一つ」という言葉は有名です。  
ひのき 家族の健康
この地域はヒノキの生育域の北限に近く、以下のような特徴があります。     

・年輪幅が2〜3mm。均一でほぼ真円。     
・材質はピンク色で艶がある。     
・節が小さめ。殆どないものもある。     
・香りが高い

 

 
 

現在は裏木曽地方以外の東濃地方のほか、下呂市、加茂郡、関市、郡上市等で産出されたヒノキも東濃ひのきと呼ぶことができます。   
(出典:ぎふの木)

羽目板.comで製材している桧はすべて東濃桧で、原木市場より合法的に原木を仕入れ製材、羽目板を加工しています。

岐阜証明材推進制度
推進事業者登録番号 040065号 (有)マルス製材所


 
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
【東濃ひのき羽目板、フローリングのネットショップ】羽目板.com
店長:Jun Ogata
みなさんこんにちは!
安全・安心の国産桧の羽目板、フローリングでより快適な住まい空間を演出してみませんか?
わたしたちが自信を持って販売している桧は「東濃桧」です。桧の中でも特に時間をかけて丁寧に育てられてきた高級木材です。厳選した木材で羽目板、フローリングを作っています。
最近では羽目板をDIYで施工される方も増えています。
ぜひお買い求め下さい!!
店長日記
Mobile Shop
QR